バイク査定のピンキリ!

原付買取の情報が満載!

このサイトでは、原付買取に関する様々な情報をご紹介します。
まず、原付を買い取る業者の良い選び方をお伝えし、さらに、買取の方法やその流れについても記載します。
そして、古いバイクであっても買取が可能かどうかや価格の決定のポイントについても取り上げます。
加えて、即日で買い取る仕組みがあるかどうかもお伝えします。
こちらで取り上げる情報によって原付の買取の様々な不安や疑問を取り除き、お得な売却ができるようにしましょう。

原付買取業者の選び方|高く売れるお店の特徴は?

原付買取業者の選び方|高く売れるお店の特徴は? 原付買取を依頼する人であれば、なるべく高い値段で買取をしてほしいと願うものです。
高価買取を実現するには、業者をよく選ぶことがポイントとなります。
原付買取で高価格を提示してくれる業者は、幅広い販売ルートを持っていることが多いようです。
そうするとたくさんの原付を短期間に売却することができるので、薄利多売の商品が成り立ちます。
そのため、原付買取を他店よりも高くしても、売却できる商品を仕入れられたほうが良いので、高値での買取に応じてくれます。
特に、自社の販売店で売ることができると中間マージンがかからないので、高価買取が可能になるケースが多いようです。
また、特定のメーカーや車種を得意としている業者の場合は、それにマッチした原付のほうが高く買い取ってもらえる確率が高くなります。

原付買取は必ず複数の見積もりをもらって比較するのがおすすめ

原付買取は必ず複数の見積もりをもらって比較するのがおすすめ 原付買取では経年劣化や細かい傷などがあったとしても、少しでも高く査定してもらいたいところです。
愛着のある車両であればなおさらのこと、次のオーナーにも大切に乗ってほしいと思い入れが強いほど、高額な価格で査定されることでその後の気分も大きく変わります。
それを実現するための近道は、複数の原付買取業者に見積もりをもらって比較することです。
多くの原付買取業者では対象が中古市場でも高値で取引される人気の車種である場合はもちろんのこと、査定額に自信があるほど相見積もりを歓迎しており、複数の業者に相談するつもりであることを伝えると査定額をアップさせて他店に獲られてしまわないように良質な在庫を手に入れようとします。
もしもここで相見積もりを嫌う業者があった場合にはそれ以上の額が付くことは期待できないため、原付買取を依頼する候補から外すのが賢明です。
つづいて次の店舗で同じことを伝えて高額な査定額を出してもらい、再び先ほどの店舗でその額を伝えるとさらに高額な査定額を出してくれる場合もあり、これを複数の店舗で可能な限り繰り返します。
これらのテクニックを駆使して納得できるまで比較検討し、お得に原付買取を実現するのがおすすめです。

こうすれば取引がスムーズ!原付買取を依頼する時の注意点

原付買取を依頼する時は売却に関する情報をしっかり知っておくことが大切です。情報にはこうすれば値段を高く買取してくれるなどの対策が記されていて、点検や清掃をしておくなどの情報の通りの対策をしておくと、取引で提示される値段が高くなり、取引がスムーズになります。
過去の事故歴なども正直に伝えることも大切で、交換した部品なども一緒に持ち込むことでスムーズさが増します。
この他の注意点としては買取料金の相場を知ることで、これはいくつかの業者に見積もりを提示してもらうとわかります。
必ず複数の業者に依頼しておよその値段を知ると、その後の交渉も有利になります。交渉は業者の言いなりにならないようにするのも注意点の一つで、専門知識は業者の方が優れていますが、わからない専門用語はわかるまで質問し、相手のペースに合わせないようにします。
知り合いにバイクについての知識がある人がいれば相談し、少しでも納得がいかないことがあれば妥協しないように進めることが原付買取に必要です。

原付買取を依頼してお金が手に入るまでの日数はどのくらい?

原付買取で交渉がスムーズに行く場合は、原付を持ち込んでその場で取引が成立となります。しかし交渉がうまくいかない時は、再度交渉を重ねたり他の業者に見積もりを依頼したりと日数は長くかかります。
そのため原付を持ち込んでからお金が手元に届くまでの日数にはばらつきがありますが、交渉が成立してからお金が入るまではおよそ1週間くらいかかるのが普通です。
料金は振り込みなら2日程度で、翌日が土曜日や日曜日などで業者が休みの場合でも3日程度で完了します。最近は即日現金で支払うサービスの業者もあり、原付買取の条件を提示して、持ち主が納得されればその場で現金や支払う業者もあります。
今すぐにお金が必要、待っていられないというお客さんには便利なサービスで、中には即金の額が最大2万円までと上限のある業者もあるので、すぐにお金が必要な人は、サービス内容を調べて依頼することが必要です。
他にも主張買取などの買取方法でも違ってくるので、お金が入るまでおよそどのくらいかかるかを知っておくことが大切です。

原付買取はインターネットを使って行なうことが出来る

原付買取を実践する際には、インターネットを使った売却を行なうことも可能です。使わなくなった原付バイクは、保管場所に悩むものでしょう。
原付きを始めとする各種バイクの場合には、即日現金化が行える場合もあります。生活費用の補填だったり、ローンの残債への充当を考えたりする際には、原付買取の利用を考えてみるのも良いものです。原付バイクを売却する際には、複数の買取業者を比較することも大切です。
同じ車種であっても、買取業者によっては査定価格に大きな違いが生じることが有り得るからです。殆どの買取業者では、インターネットを使った手続きが可能となっています。
店舗に出向く必要もなく、スムーズな売却手続きを済ませられるのです。原付買取を利用する際には、必要となる書類を揃えておく必要があります。
自賠責保険や車検証などを、査定に出す前に揃えておきましょう。比較サイトの中には、利用者の口コミを掲載するものも少なくありません。高値で売却を実現した方の口コミを見ながら、売却先を選んでいった方が良いでしょう。

原付買取における懸念されるトラブルについて

原付買取というと、査定で価格がついて売れる事実に喜びを感じたり嬉しくなるものですが、トラブル発生のリスクを念頭に、冷静になって回避することが大事ではないでしょうか。
原付買取によくあるのは、査定結果が曖昧で金額が分かりにくく、結局のところいくらで売却できるのか分からないトラブルです。
売却は双方が納得しなければ成立しないので、査定は明朗で何がいくらで売れるかはっきりすることが重要です。他に原付買取にありがちなのは、なかったはずの傷が査定によってつくことです。
これは車両の扱いが雑で、お客様の原付を大事な商品と考えていない買取店が起こしがちな問題です。更に、買取に同意していないにも関わらず、無断で引き取りにやってきて原付を回収してしまうケースもあります。
原付買取は1つ1つが明朗で信頼できる買取店を選び、納得して正式に契約してから回収なり引き取ってもらうことが肝心です。
始めて利用する買取店の場合は、持ち込みか出張でその場で査定してもらい、売却の意思を明確に示すことが問題発生のリスクを抑えることになるのではないでしょうか。

タイミングを間違えると原付買取してもらっても税金がかかる

乗らなくなった原付を原付買取してもらう場合に、買取してもらうタイミングを間違えると自動車税の税金支払いの対象となってしまうことがあります。
軽自動車税の税金の仕組みとしては、売却した日にかかわらず4月1日の時点で所有している場合に所有者に、自動車税の支払い義務が生じます。
そのため乗らなくタイミングで廃車続きをし、原付と所有者情報を削除するよう国に申し出ることで、自宅で保管していても軽自動車税を支払わなくて良いということになります。
買取業者に原付買取をしてもらった場合には、譲渡に関する処理を記載するだけで買い取り業者が手続きをしてくれるため、自身での対応は不要となります。
注意点としては、買取業者ではなく故障車引き取り業者や個人間での譲渡などを行う場合には、自身で所有者の変更手続きや、廃車手続きをしなければならないため3月末までに自身で手続きを行わないと、軽自動車税の納税対象となってしまいます。

原付買取を依頼する際は販路があるお店を選びましょう

昨今の半導体不足に伴い、自動車の相場が値上がりしています。そして、この影響は車のみならずバイクにまで及んでいます。
一方で、自宅に不要なバイクがあるから原付買取を行ってもらいたいと考える方もいらっしゃることでしょう。この際に高く下取りしてもらうには、中古車としての販路を確保しているお店に査定を行ってもらうと良いです。
下取りした原付はいずれ整備して、再販売しなければお店としては利益を出すことが出来ないため、太い販路を確保しており、回転率の高いお店程下取り価格が高くなる傾向にあるからです。
これは販売網が少ない店舗に比べて、薄利多売商法が取れるため、一台あたりの仕入れ値が多少高くなっても問題ないと言う観点があげられます。
その為にも、事前に下取りに出そうと考えているお店を下見して、繁盛しているか?どれほどの台数を扱っているかなどを下調べする事で、そのお店の状況を知る事が出来ます。
少しでも高く原付買取を行って貰う為にも下調べは重要なのです。

原付買取に出すなら修理はせずにそのまま査定を

故障しているバイクを原付買取に出す時に、少しでも査定額をあげようと修理してから出そうかと考える人もいますが、これはそのまま出したほうがお得です。
確かに故障箇所があれば当然減額されてしまいますが、直したからと言ってかかった費用以上に査定が上乗せされることはないので損をしてしまうのです。
業者に直してもらうのはもちろんのこと、DIYで行ったとしてもパーツ代で足が出てしまうことになります。 トントンになっても手間暇の分だけ損ですから、余計なことはせずに故障箇所はそのまま原付買取に出すのが一番お得となるわけです。
そもそも、業者は買取したバイクを整備して売りに出すわけで、修理をするにしても一般人が行うよりもずっと安く高品質ですることができます。
素人が余計なことをしてもそれに太刀打ちできるわけがありません。 故障があるバイクは減額を受け入れて、それ以外の部分で洗車をしておいたり付属品を揃えるなどして査定アップを狙うのが良いでしょう。

原付買取に力を入れるお店選びも重要になる

バイクを売りたくても、年式や状態、中古バイクの人気度により買取額は変動していきます。これから人気が高まるものもあったりと、デザインも評価してくれるバイク買取専門店を利用することで高価買取につながります。
高値で売りたいバイクに注目したときに、査定の進め方としてやはりプラス評価の加点方式で査定を行うバイク買取専門店利用がおすすめです。
マイナス面ばかり見られると、減額されていってしまうので、アンケート結果をチェックしながらお客様が満足できた買取店の特徴をチェックすることも重要になります。原付買取も人気の原付がありますし、商品によって買取額も異なっていきます。
原付買取にも力を入れる業者を選択することで、納得できる金額で売ることができるように、情報を集めて売り先を決められます。
お店によって、同じものでも買取額は異なっているため、安心して売ることができるお店を探して情報を集めていけるようにする事も大切なポイントです。

廃車にすることを考えるなら原付買取に出すのがお得

廃車にしようかと思っているバイクがあるのであれば、原付買取に出してしまうのがお得です。 どうせ値段がつかないと思って、処分しようとする人も多いものですが、意外と値段はつくものです。
仮に値段がつかなかったとしても無料で引き取ってもらえたりしますから、お金をかけて処分するよりもそれだけでお得ですし、手間も省けます。
原付買取を利用するときには、一括査定サイトなどを利用すれば簡単に申し込みをすることができ、おおよその価値も知ることができるので便利です。
わざわざ店頭に出向いて査定を受けたにもかかわらず、値がつかず手間だけかかったということがありませんから気楽に利用をすることができます。
そこで買取ができないとなった時にはじめて自分で処分する選択をすればいいので、基本的には売ることを第一に考えると良いでしょう。
廃車にするしかないと思うようなバイクであっても、意外な需要があり実は価値があることも珍しくないのでまずは原付買取に連絡をすることがおすすめです。

原付買取の時に洗車をしておいたほうがいい理由

原付買取を利用する時に、洗車をしておくと得する可能性があります。 基本的に洗って落とすことができる汚れは査定に影響はありませんが、心証という面では大きな差になります。
パッと見た時に状態が良さそうに見えるものと逆に悪く見えてしまうものでは、その後の見る目も変わってきます。 ビジネスとして原付買取を行っている以上、シビアな目で見られるのは当然のことですが、更に悪い印象を持たれて厳しく見られてしまうと査定が下がる可能性が出てきてしまいます。
本来であれば減額にならないような些細な傷や不備であっても、最初に悪い印象を与えてしまったがためにマイナスになるということは十分に考えられるのです。
ピカピカに磨き上げるまでしなくても、最低限パッと見た時に悪く思われない程度に綺麗にしておくのはプラスとなります。
ほんの僅かな手間をかけただけで、数千円から万単位で査定額が変わってくることもあるので、原付買取の前に洗車をしておくのはおすすめです。

原付買取は動かない状態でも買い取ってもらえる

買い換えや乗らなくなってしまったという理由で原付を手放したいときは、原付買取を活用して現金化することが珍しくありません。
しかし、買い取ってもらえるのは正常に動く原付のみで、動かなくなってしまった原付は処分するしかないと考えられがちです。
実は、原付買取は動かない状態の車体も買い取ってもらうことが可能です。原付買取店にもメリットがあり、買い取られた車体は修理を施されて中古車として販売されたり、分解をして正常動作するパーツの部品取りに利用されるため買取店も利益を出すことが出来るのです。
動かない状態では買取店に持ち込むことが出来ないため、出張買取を利用することがおすすめです。事前に申し込みをしておけば、指定した日にスタッフが自宅まで訪れてその場で査定を行い、オーナーは査定額に納得すればすぐに現金で支払われて売買が完了するというサービスです。申込時に不動車であることを伝えておけばよりスムーズに査定が進みます。

カスタムしている改造車でも原付買取は可能なのか?

ハンドルを自分仕様にしている、マフラーをよりエンジン音が感じられるものと交換したりエンジンを改造してのパワーアップや塗装の塗り替えなどカスタムしている原付は多く存在します。
手軽に手に入る原付だからこそ自分好みに改良したいと感じる者ですが、こういった改造車も原付買取はできるのかと不安に感じることもあります。
結論から言うと買取は可能です。もちろん改造前の純正部品を取っておいて買取の査定時には付け替えるのが無難な方法ですが、以前取り付けられていたものがない場合はそのまま査定行うことになります。
改造車だから値段は安くなるということもなく、場合によっては正規のものより高額になることもあります。
純正部品と合わせて査定すればより高くなるとは間違いないですが、原付買取店には改造したものを専門に扱っている所もあり、ここではカスタムの知識が豊富で、使っている部品やカスタムの状態により詳しく査定して金額を提示します。

鍵がない場合も原付買取に対応してもらえるのか

原付買取を利用すれば、使わなくなった原付も有効な形で処分できます。この場合も、できるだけ新品に近い状態が良い原付のほうが高値が付く傾向があります。部品や付属品もできるだけ揃えておきたいところです。
古い原付の場合はすでに鍵がなくなっていることもあります。鍵がない状態でも買取を受け入れる業者もありますが、この場合も、スムーズに売るためにはいくつかのポイントがあります。
まず、鍵が見つからない場合には、車両の所有者であることを証明するための書類や登録証明書などが重要となります。
所有者であることを証明できれば、鍵がなくても査定や原付買取が進められることがあります。
鍵がない場合、再度鍵を作成する費用や手間が発生することから、査定額が低くなることも考えられます。 もし失くしてしまった場合、業者によっては新たに作成するサービスを提供してくれるところもあります。鍵を作成する際には、所有者であることを証明する書類が必要となることが多いです。
状況によりは、部品や付属品のない状態でも買取を受け入れる業者がある一方で、査定額や買取の可否は業者によって異なることは知っておきましょう。

放置バイクを勝手に原付買取業者に引き渡していいのか

自分の所有する敷地内に他人のバイクが放置されている場合、さっさと処分してしまいたくなるかもしれません。しかし放置バイクを勝手にスクラップにしたり原付買取などに売り払ったりすると、法律違反になる可能性もあります。
それぞれのバイクには所有者がちゃんと登録されていますから、勝手に撤去はできません。まずは、このまま放置している場合撤去する旨を記した貼り紙をして、1ヶ月程度は様子を見る必要があります。
放置バイクは盗難車の可能性もあるので、警察に相談しておくことも忘れてはいけません。盗難届が警察に出されていれば、すぐに持ち主が見つかることもあります。
貼り紙をしてもまったく持ち主が現れず、さらに盗難届も出されていないことが確認できたら、原付買取業者に相談して引き取ってもらうのもありでしょう。
放置されているバイクについては、各自治体で対応していることもありますから、自治体にも相談しておくのがおすすめです。面倒かもしれませんがこのような手続きをしておくと安心です。

名義人である本人不在でも原付買取はしてもらえるのか?

実家から離れて暮らしていて不要になった原付を買取してもらいたい、友達や知り合いのバイクを買取に出すのを頼まれたなどの原付の名義人がいない本人不在でも原付買取は可能なのかと不安に感じることがあります。
この場合はまず買取は可能なのですが、場合によってはできないこともあります。できるかできないかは持ち主が納得しているかと書類が揃っているかで、特に本人の協力は必要です。
なぜかと言うと名義人と査定に来た人に関係性がないと盗難車と疑われるケースがあるからで、買取を了承しているかを確認できなければなりません。
具体的には名義人と電話で連絡がとれ了解していることをお店の人に伝えることができる、名義人の身分を証明できるものの持参で、買取業者が確認できれば問題ありません。
書類は車検証や自賠責の保険証などで、納税証明書は原付の場合は必要なく、主にこの2つが必要です。遠方に住んでいて原付買取を行う場合は、実家の両親に書類を渡し、本人確認ができればスムーズに買取してくれます。

原付買取に関するお役立ち情報

三重 バイク処分

新着情報

◎2024/1/16

情報を更新しました。
>原付買取は動かない状態でも買い取ってもらえる
>カスタムしている改造車でも原付買取は可能なのか?
>鍵がない場合も原付買取に対応してもらえるのか
>放置バイクを勝手に原付買取業者に引き渡していいのか
>名義人である本人不在でも原付買取はしてもらえるのか?

◎2023/03/22

情報を更新しました。
>原付買取を依頼する際は販路があるお店を選びましょう
>原付買取に出すなら修理はせずにそのまま査定を
>原付買取に力を入れるお店選びも重要になる
>廃車にすることを考えるなら原付買取に出すのがお得
>原付買取の時に洗車をしておいたほうがいい理由

◎2022/5/25

情報を更新しました。
>こうすれば取引がスムーズ!原付買取を依頼する時の注意点
>原付買取を依頼してお金が手に入るまでの日数はどのくらい?
>原付買取はインターネットを使って行なうことが出来る
>原付買取における懸念されるトラブルについて
>タイミングを間違えると原付買取してもらっても税金がかかる

◎2021/8/24

査定価格が高いシーズン
の情報を更新しました。

◎2021/6/24

個人で原付買取をする際の名義変更
の情報を更新しました。

◎2021/3/31

サイト公開しました

1人原点回帰さん、ご理解頂いたようで嬉しいです。 ありがとうございます。 そう0.7キロで14分がミソなのです。 バイクは一キロ3分計算。 なのでピック時間引いたら、10分弱が調整時間に割り当てられています。 それなのに3千円見積もりは異常なのです。

自宅の空きスペースを駐車場で貸した収入で、欲しい物や老後の年金の足しにできたり便利ね🐥 バイクと車を置きたいけど、コインパーキングが近くにない人には助かるし、こちらは会社店舗に貸し出してお小遣い副業にもなるし便利よね🌈 いくら稼げるか見積もりできるし🌸 [PR]

バイクのオイル交換ついでの点検、見積もり58k 今年の夏は大丈夫やけど冬を超えるのはちょっとしんどいやろなあって言われてしまった まあ5年くらいほとんどパーツ変えてないくらいだから仕方ない

-->